サッカー留学に適した国

subpage01

サッカーは日本よりも海外の方が発展し、熱狂されています。
よりサッカーに適した環境でサッカーの技術や戦術、より強い相手とトレーニングや対戦をしたいのなら海外にサッカー留学することでサッカー選手としての価値を高められると考えられます。



サッカー留学に適した国は幾つかあります。

サッカー強豪国として名が知られているスペイン、イギリス、ドイツ、イタリアに絞られます。
どの国もサッカーの特色があり、一長一短です。
自分自身がどのようなスタイルのサッカーに取り組みたいかによって留学先の国は変わります。
テクニカル足技とパスを繰り出すスペインサッカーは日本人の思考するプレースタイルと合うので人気です。



ドイツは多くの日本人のサッカー選手がドイツのサッカーリーグブンデスリーガでプレーし、馴染みがあり、練習する環境は一番整っています。
イギリスは選手の能力頼みで、特に戦術も発展しておらず、メリットと言えば英語が通じることです。

wikipediaの最新情報が知りたい方にはこちらです。

イタリアはかつての力強さは残っておらず、練習環境も先にあげた国と比較すると見劣りします。

しかし、カテナチオと呼ばれる強固な守備が有名である通り、ディフェンダー志望であるなら本場のマンツーマンの守備を教えてもらうことが出来ます。
サッカー留学に適した国とは自分の思考するサッカースタイルに合う国でこそ、本領を発揮しやすいです。

将来どのような選手になりたいかイメージをしながら留学について考えるべきです。